キャッシュレスにおすすめのデビットカード

デビットカードとは?

スマートフォンの普及でインターネットを使いこなせる人が増えています。
近年のスマホには、LINE PAYやApple PAYなどの決済サービスやSuicaなどの電子マネーが利用できるようになっており、そのため全てをカード決済で済ませている人も少なくないでしょう。

しかし、クレジットカードを作成するには審査があり誰でも作ることができるわけではありません。

カード支払いのメリットとしては、財布がかさばらないことや現金を持ち歩かなくても支払いが可能なこと、そしてポイントをもらえることで、好きな商品や他サイトのポイントに交換してお得に生活をすることができるからです。

年齢や年収が一定条件を満たさないと作ることができないことに対して、同じようなカードの支払いですがデビットカードは年齢がクリアできればほぼ作ることができます。

クレジットカードの支払いの場合、一時的にクレジット会社が支払ってから後日の請求になるため支払日が数週間以上先になることも少なくありません。

しかし、デビットカードは支払いのタイミングで引き落としになります。
どれぐらいまで使えるかは自分で設定をすることが可能ですが、基本的に預貯金の金額までしか支払いができないため、銀行等に預け入れている金額を管理すれば、おのずと支払いに歯止めをかけることができるでしょう。

デビットカードのしくみは、現金感覚で預貯金から直接カードをお店のレジを使って、インターネットを通して支払いを行うとイメージしてください。
使い方は、クレジットカード支払い可能な店舗であればどこでも使えます。

実店舗で使用できるのはもちろんのことですが、インターネットショッピングにおいてもデビットカードで支払いをすることができます。万が一口座にお金が足りなかった場合は、入金してから支払いをすれば決済をすることができます。

会社によって提携店舗が違いますが、利用すると多くのポイントがもらえたり優遇されることが多いです。複数の銀行の口座をお持ちでしたら各々でデビットカード作成するのも1つの方法です。お店によって使い分けができれば、よりお得な生活ができる可能性が高まるからです。